Koh Takeda

 

 

is a photographer based in Tokyo, Japan

 
 

私は、日本の東京で活動している写真作家です。
女性の中にある光と闇、神と悪魔は、私にとってあまりに美しく、永遠に考察する価値のあるテーマです。だから私は、ただひたすら女性を美しく表現したいと考えています。

女性の美しさを表現するにあたって、私は肌の質感を重視しています。作品によって、肌は陶器のようであったり、シルクのようであったり、ミルクのようであったりします。毛穴や皺や凹凸を極力排したこの特徴は、友人たちから言わせると、私の作品の目印でもあるのだそうです。

私がヌード写真に興味を持ったのは学生時代のこと。それは初めてカメラを手にした時期でもありました。カメラで瞬間を切り取ることはもちろん魅力的でしたが、それ以上に面白いと感じたのは、暗室で印画紙に画像が浮き上がってくる瞬間でした。ただネガを反転させるだけでなく、工夫次第でさまざまな視覚効果が得られることに刺激を覚えたものです。その楽しさは、デジタルカメラで現像やレタッチを行う現在でも変わりません。撮影は、作品づくりの最初の工程に過ぎません。私はこれからも、キャンパスに下絵を描くような感覚でシャッターを切り、彩色するような感覚で現像し、レタッチして、作品を仕上げていくつもりです。

ありがとう。

[English text & links after the images]

 
 
 
 
 

My name is Koh Takeda and I am a photographer based in Tokyo, in Japan.

Light and darkness, good and evil in women are important timeless themes for me. I want to express my view of women in a beautiful way. While expressing this feminine beauty, the texture of the skin matters a lot to me. Depending on the work, the skin will look like porcelain, or silk, or yet milk. In this way pores, wrinkles and irregularities are eliminated as much as possible. According to some, this is a distinctive mark of my work.

I was interested in nude photography when I was a student. It was the first time I had a camera. Capturing frozen moments with a camera was interesting, of course, but the moment when the images form on photographic paper inside a darkroom feel more interesting to me.

I was inspired not only to invert negatives but also try various visual effects depending on creativity. The pleasure os developing is still the same while retouching a digital image. Shooting is just the first step in creating a work. When I press the shutter, I have the same feeling as if I was drawing a sketch on the field; developing and retouching are akin to coloring.

Enjoy my work!

 

PHOTOGRAPHER IG
@koh_photo_takeda